巨乳まんだら王国。の音楽性

楽曲はヘヴィーロック、エレクトロニック、ファンク、

ポップ、パンクなどの要素を主体とするスタイルで、

上に乗るメロディーは1970~80年代の懐メロやアニメ調。

見た目はご存知の通り教室の端っこでワイワイやってる。アンビジュアル系。

このコソコソ感が『巨乳まんだら王国。』

世界は上品を良きものとしていた時代は終わり。

モラルの急降下は止めることが出来ない。

人は次々に新しいもの、インパクトのあるもの、

より刺激のあるもの、汚いもの、暴力性のあるもの、

SEX性の高いものを求め最終の欲望へと向かっている。。。。


しかし私どもの持つ世界観はエロのグロさは出来るだけ廃除し

笑える可愛らしさのある中2程度のエロアホさ加減でございます。

チャンネルが地上波ではなく

発信者自身がチャンネルとなったこの時代。

巨乳まんだら王国。もモチロンひとつのチャンネル。

ひとつのレーベル、ブランドとして活動しております。

モラルの急速な下降の中で、

過激なシモネタを使う歌手やバンドがこれからたくさん出来るでしょうが

笑えないドギツイエロは私どもの表現ではありません。

なんかカッコいい歌。恋愛の歌や感動する曲も他の方々にお任せいたします。

小中学生たちにも、フッ。と少し鼻息だけでも出してもらえるような馬鹿馬鹿しい平和な曲。

巨乳まんだら王国。的な感覚感情を持って活動しておるのでございます。

所属メンバー

教祖、マサオを中心に出れる人が出る、ライブ出欠確認制度をいち早く導入し

スケジュール、地方によって出演メンバーが異なる。

実際にギターが風疹でライブをお休みしてただの音量のデカイカラオケ大会みたいになったこともある。

すぐに他のバンドの気の合う人をメンバーにしたがる。

出たい人が多くなった場合、狭いステージに14人ぐらいになる。

その時ステージ上は動きにくく息苦しくなるので

曲によって、好きな曲、出たいところだけ出る出欠確認を取る方法もある。

阿部貴族はそういう時、先輩後輩にうるさい。


王国幹部

教祖イコマノリユキ(9月18日 - )ボーカル&エレクトロニクス

ゴリ国王(11月10日 - )ギター

スナイパー勃起 (たつ)(2月4日 - )KAOSSギター

さとレックス侯爵(1月15日 - )ベース

怪盗マッシュ(11月7日 - )ドラム

交通整理(12月1日 - )DJ&モッシュ

妖精お兄ちゃん(8月22日 - )ダンサー&コーラス

ラオ大佐(9月29日 - )ダンサー&コーラス

阿部貴族(4月24日 - )ダンサー&コーラス

マーニ長官(1月14日 - )ダンサー&コーラス

さわ世界紀行(7月25日 - )ダンサー&コーラス

マサオ(15代目)(10月10日 - )ベース&ドラム&ダンサー&コーラス&CPU

竿自慢艦長(6月7日 - )ドラム&コーラス

リュウタロ殿下(3月26日 - )ギター

カズネリアス伯爵(3月26日 - )ダンサー&コーラス

アルプス乃宮様 ダンサー


隠居中王国幹部

星王子 ベース

吉良伯爵 ギター

ナカチュウ左大臣 ベース

真吾殿下 ドラム

ひろ☆料理長(5月16日 - )ドラム

ゴムサック教授(12月6日 - )チビッコ&ギター


ゲスト王国幹部

ウルトラ・ザ・上ちゃん

焼肉屋テリー

アンダーヘア係